ホーム > 雑彙 > よくある質問

最終更新日:2011/ 5/31(火) 11:23:34

よくある質問(FAQ)

なぜ旧仮名遣(歴史的仮名遣)を使ふのですか?

なぜ旧字体(いはゆる康煕字典体)を使はないのですか?

以上の2点については別のページを用意しましたので、そちらをお読み下さい。

なぜブログ(Blog)形式にしないのですか?

私が(HTML+CSSといふ)クラシカルなウェブページの形式にこだはり、ブログを開設しない理由は、大きく分けて3つあります。

※なほブログサイトの定義として、ここでは仮に「専門的な話題や時事的な問題、あるいは日々気づいたテーマ、読破した本や論文などに関して、日記形式で、自らの専門や立場に基く見解や認識を表明するサイト」としておきます。

第一に、私の本業は「研究と教育」です。したがつて、多くの人がブログに求めるであらう「自己表現」の手段を、私は本業の場で(講義や演習、あるいは研究論文の執筆と公表などのかたちで)すでに十二分に得てゐます。ここで新たに、第3の手段をネット上で獲得したいといふ希望を、現時点では持つてゐません。さらに言へば、私の能力の総量から判断して、ブログを立ち上げ「日々のよしなしごと」を書きつける暇と余力があるなら、それを本業の方に振向けたいと考へてゐます。

第二に、研究論文であれ、それ以外の(いはゆる)雑文であれ、私の文章執筆の流儀は、一気呵成に書きあげたものをそのまま完成稿とするのではなく、少しずつ書き溜めたものを、さらに時間をおいて何度も推敲するといふものです。これは「文章の勢を重視する」ブログの文化には、あまり適しません。もしブログを立ちあげたとすれば、おそらく、一度アップした文章を延々と直し続けてしまひ、本業の方にも差し障りが出さうです。

第三の(そして最大の)理由は、私のサイト作成のそもそもの目的である「研究教育活動の水準の向上」に、ブログは大して役に立ちさうにないからです。日々思ひつくまま綴つた文章を、ろくに推敲もせず、また脈絡もないまま世間に垂れ流し続けるよりは、これまでの自己の研究や教育の業績を、少しづつ、煉瓦を積むやうにHTMLのページにまとめ、その成果と欠陥を繰返し確認することの方が、またその作業を通じて、今後の研究および教育のめざすべき方向、ならびに克服すべき問題点を、自分ばかりでなく、他の人に対しても明かにしていつた方が、サイトポリシーに掲げた本サイトの目的に合致するものと考へます。

△先頭に戻る

特定のページやPDFファイルに、直接リンクをしてもよいですか?

リンクをどのやうに張るかは、皆さんが自らの責任で自由に決めるべきことです。詳しくはサイトポリシーの「リンク」の項をお読み下さい。

サイトで公開されてゐる情報やデータを、別のサイトに転載してもよいですか?

サイトポリシーにも記した通り、「リンクを張る」のと「内容を引用/複製する」のは別種の行為です。内容の引用や複製(転載)については、著作権法とくに認められた場合を除いて、著作権者の許可が必要となります。直接ご相談下さい

サイトが最近更新されたかどうか、どこで判りますか?

サイトを更新したときは「講義関係」「研究関係」「雑彙」の何れかのトップページ(更新情報のページ)に、その旨を記載します。したがつてその3か所を確認していただければ、更新の状況は把握できます。

※更新情報はなるべく詳細に記載しますが、誤字の修正やリンクの追加など、微細な変更については省略する場合もあります。

さらに、それぞれのページの右上に「最終更新日」を記載するやうにしてゐますので、そちらも参考にして下さい。

サイトの構成が複雑で判りにくいのですが。

サイト全体の見取図についてはサイトマップを活用して下さい。また各ページの上部に表示してある「サイト内検索」も、完璧とまでは言へませんが有効です。ただしサイト内検索では、歴史的仮名遣のページでは歴史的仮名遣で、また「現代仮名遣い」のページでは「現代仮名遣い」で、キーワードを指定して下さい。

サイトの内容に誤り(誤記・リンク切れなどを含む)を見つけました。

おそれいりますが、私のところまでご一報いただければ助ります。

△先頭に戻る