ホーム > 研究関係 > 対外認識論 > 「有賀長雄の対外認識」

最終更新日:2015/ 5/ 6(水) 00:29:44

論文「有賀長雄の対外認識:ある学者官僚の栄光と蹉跌」

目次

  1. 書誌情報
  2. 概要
  3. 正誤表・補足情報
  4. 入手・閲覧方法
  5. 全文データ
  6. 参考文献リスト
  7. 関連リンク

書誌情報

△先頭に戻る

概要

1.論文の要旨

本章は有賀長雄といふ、国際法や外交史の領域で先駆的な業績を挙げ、国法学者や法制官僚としても活躍した人物の、当時の国際情勢に対する見解を明かにするものである。対象とするのは1898年から1915年までで、彼が創刊した日本初の外交専門誌『外交時報』に発表した論説を中心に分析する。第1節は、その略歴を紹介し、帝国主義外交の法理と実際について伝授する「伝道者」と位置づける。つづく第2節では清国分割から日露戦争まで、第3節では日露戦後から辛亥革命まで、変転する世界情勢をめぐつて、有賀がどのやうな議論を展開したかを検討する。最終節では、彼が学者としての栄光を極めたあと、大正時代に入り影響力を失つた経緯について概述し、なぜ彼が「時代遅れ」になつたかを考察する(同書「総論」11頁より一部の表現を改変して引用)。

△先頭に戻る

2.論文の目次

△先頭に戻る

正誤表・補足情報

いまのところ誤記や誤植は見つかつてゐません。なにかお気づきの点がありましたら、ご一報いただけると幸です。

△先頭に戻る

入手・閲覧方法

購入方法

本書(ISBN 9784779121241)は、大学生協や一般の書店、オンライン書店古書店などで購入できるやうです。

閲覧方法

各地の図書館(大学図書館・公共図書館)で閲覧できます。下記のリンク先から検索してみてください。

全文データ

商業出版物に収録された論文ですので、当分の間、こちらで全文データを公開する予定はありません。上記の図書館にて紙媒体をご利用下さい。

△先頭に戻る

参考文献リスト

(現在作成中です)

△先頭に戻る

研究関係>対外認識論>これまでの研究成果をご覧ください。

△先頭に戻る