ホーム > 研究関係 > 国家間賠償史 > 「戦争賠償與日本的輿論」

最終更新日:2014/ 4/ 4(金) 15:38:06

論文「戦争賠償與日本的輿論:占領・媾和期間之戦争賠償論的形成與展開」

目次

  1. 書誌情報
  2. 概要
  3. 正誤表・補足情報
  4. 入手・閲覧方法
  5. 全文データ
  6. 関連リンク

書誌情報

△先頭に戻る

概要

本稿は長谷川雄一編『日本外交のアイデンティティ』南窓社〈国際関係学叢書 8〉、2004年に収録された論文「戦争賠償と日本の世論:占領・講和期における戦争賠償論の形成と展開」を増補改訂のうへ、中国語に翻訳したものです。その概要は、原版の「要旨」と「目次」をご覧ください。

△先頭に戻る

正誤表・補足情報

いまのところ誤記や誤植は見つかつてゐません。なにかお気づきの点がありましたら、ご一報いただけると幸です。

△先頭に戻る

入手・閲覧方法

購入方法

本書(ISBN 9787509713471)は、中国国内の書店で購入できるやうです。

閲覧方法

2014年4月現在、収蔵・閲覧できる図書館は確認できませんが「東瀛求索」シリーズを購入している図書館であれば、今後閲覧できるやうになる可能性はあると思はれます。

全文データ

商業出版物に収録された論文ですので、当分の間、こちらで全文データを公開する予定はありません。ただし翻訳の元となつた原稿を、PDFファイルで公開いたします。

増補・戦争賠償と日本の輿論:占領・講和期における戦争賠償論の形成と展開(PDF形式)

※本稿は雑誌や書籍に掲載されたものではなく、また今後も掲載する予定はないので、本稿より引用する場合はURI(http://www.s-ito.jp/home/research/com/postwar2.pdf)を明記してください。

△先頭に戻る

△先頭に戻る