ホーム > 研究関係 > 更新情報

最終更新日:2018/ 9/12(水) 16:35:34

更新情報―研究関係

国家間賠償史

  1. 論文「戦争賠償與日本的輿論―占領・媾和期間之戦争賠償論的形成與展開―」が公刊されましたので、「これまでの研究成果」に追加するとともに、詳細ページを作成・公開しました。また論文「戦争賠償と日本の世論―占領・講和期における戦争賠償論の形成と展開―」のページを修正しました。―10年 9月 9日木曜日21時24分
  2. 研究会報告「日露戦争における捕虜経費の支弁について」の詳細ページを作成・公開しました。また併せて、関係するページにリンクを張りました。―09年 3月14日土曜日01時11分
  3. 論文「戦争賠償と日本の世論」論文「松山捕虜収容所の概要」論文「捕虜の経費を負担したのは誰か」論文「日露戦争における「戦後補償」問題」のページを修正しました(論文要旨の追加)。―09年 3月13日金曜日15時56分

(更新履歴)

対外認識論

  1. 編著書『近代日本の対外認識 II』(彩流社、2017年)の刊行に合せて、同書所収の総論「「転換期の国際社会」を知識人たちはどう論じたのか」と、第4章「国際問題評論家の対外認識:稲原勝治と米田実」に関するページを公開しました。―17年 9月 1日金曜日16時55分
  2. 2016年7月20日に大東文化大学国際比較政治研究所にて報告をしましたので「これまでの研究成果(口頭発表)」に追記し、合せて報告に関するページを作成公開しました。―17年 8月31日木曜日10時42分
  3. 2016年7月16日に日本国際文化学会全国大会にて報告をしましたので「これまでの研究成果(口頭発表)」に追記し、合せて報告に関するページを作成公開しました。―17年 3月13日月曜日09時02分

(更新履歴)

その他

  1. 『外交時報総目次・執筆者索引:戦前編』に誤記が見つかりましたので「正誤表・補足情報」に追記しました。―18年 9月12日水曜日14時29分
  2. 「現代仮名遣い版」を廃止し、合せてサイト全体をHTML5に対応させました。―16年 7月1日金曜日
  3. 資料「『外交時報』総目次―戦後編」が公刊されましたので、「書誌の作成」に追記するとともに、同資料の詳細に関するページを作成・公開いたしました。―15年 3月13日金曜日18時00分

(更新履歴)

データベース

  1. 米田實著作目録(完全版)および(追補版)をバージョンアップ(Version 1.0.21とVersion 1.0.5)しました(それぞれ4項目追加)―18年 9月12日水曜日16時32分
  2. 幕末・明治・大正期日本の国家間賠償事例リストをバージョンアップ(Version 1.2.0)しました(註23―25を追記)―18年 9月12日水曜日13時34分
  3. 戦前期『外交時報』執筆者一覧・読み方典拠録をバージョンアップ(Version 1.5.6)しました(金崎賢の読みを変更)。―18年 9月12日水曜日12時12分

(更新履歴)

進捗状況

  1. データベース」を更新しました。―18年 9月12日水曜日16時35分
  2. その他(書誌の作成)」を更新しました。―18年 9月12日水曜日14時29分
  3. データベース」を更新しました。―18年 9月12日水曜日13時37分

(更新履歴)