ホーム > 研究関係 > 対外認識論 > 「米田實:日米両国で活躍したジャーナリスト」

最終更新日:2008/ 4/ 6(日) 18:18:52

研究会報告「米田實:日米両国で活躍したジャーナリスト」

目次

  1. 基本情報
  2. 報告の概要
  3. 補足情報
  4. 関連リンク

基本情報

△先頭に戻る

報告の概要

日系移民史において米田實は、西海岸初の本格的邦字紙『日米』の編輯長として知られてゐる。しかし彼は、1907年に帰国してのち、東京朝日新聞社で編輯局長代理を勤めるなど、日本のジャーナリズム界でも重要な役割を果した。本報告では彼の経歴や、そのジャーナリズム界に占める位置などを解明した。

配布レジュメ (PDF形式)

△先頭に戻る

補足情報

補足情報は特にありません。なにかお気づきの点がありましたら、ご一報いただけると幸です。

△先頭に戻る

△先頭に戻る