ホーム > 研究関係 > その他 > 書誌の作成 > 『外交時報総目次・執筆者索引』

最終更新日:2014/ 5/26(月) 23:53:41

編著書『外交時報総目次・執筆者索引:戦前編』

目次

  1. 最新情報
  2. 正誤表・補足情報
  3. 書誌情報
  4. 概要
  5. 書評・紹介
  6. パンフレット
  7. 入手・閲覧方法
  8. 全文データ
  9. 参考文献リスト
  10. 関連リンク

最新情報

  1. 本書および本ページに関する最新情報は、「更新情報-研究関係(その他)」または「進捗情報(その他―書誌の作成)」のページで確認できます。
  2. 本ページのアドレスは、将来変更される可能性があります。リンクが切れたときは、本書奥付欄のアドレスからつなぎ直して下さい。

正誤表・補足情報

  1. 解題28ページ2行目:(誤)二四編 →(正)二四編―09年 4月11日土曜日12時31分追記
  2. 解題28ページ1行目:(誤)四三九編 →(正)四三九編―09年 4月11日土曜日12時31分追記
  3. 本文546ページ下段:(誤)本編輯部 →(正)本編輯部―09年 3月20日金曜日11時54分追記
  4. 本文289ページ上段:(誤)陸軍縮に就て →(正)陸軍縮に就て―09年 1月22日木曜日21時48分
  5. 本文231ページ上段:482号末尾「内政近情」の直後に、「大使次官更迭 雑彙 一四九」を挿入してください。―09年 1月17日土曜日10時11分
  6. 解題19ページ10行目:(誤)眼光背的の読者 →(正)眼光背的の読者―08年10月24日金曜日23時56分追記
  7. 本文139ページ下段:「キッチナー元帥長逝」は、正しくは3行左の「倫敦聯合軍事会議」と「英国海相の大海戦評」の間に入ります。ページ数などに誤りはありません(組版ミス)―08年10月 7日火曜日15時48分追記
  8. 本文23ページ下段:(誤)外交史及其研究法 →(正)外交史及其研究法―11年 1月29日土曜日18時43分追記
  9. 執筆者索引580ページ左段:(誤)神田襄太郎〔かんだ・じょうたろう〕 →(正)神田襄太郎〔こうだ・じょうたろう〕―11年 9月13日火曜日09時06分追記
  10. 本文32ページ下段・「英仏近接に関する現在問題」の著者名:(誤)有賀長雄 →(正)牧野英一―14年 5月26日月曜日23時48分追記
  11. 解題9ページ3行目:(誤)二八二編 →(正)二八編―14年 5月26日月曜日23時48分追記
  12. 執筆者索引565ページ右段・牧野英一の項:(誤)63, 67, →(正)63, 66, 67,―14年 5月26日月曜日23時48分追記

※ほかにお気づきの点がありましたら、ご一報いただけると幸です。

△先頭に戻る

書誌情報

△先頭に戻る

概要

本書は、雑誌『外交時報』の、創刊号〔1898年2月〕から戦前期最終号〔1945年4月〕までの総目次(559頁)と執筆者索引(31頁)、そして解題論文(30頁)によつて構成されてゐます。なほ戦後編(1952―1998年分)については資料「『外交時報』総目次―戦後編」をご覧下さい。

※解題論文は、論文「20世紀前半の日本の外交論壇と『外交時報』」を約6分の1に縮約したものです。

△先頭に戻る

書評・紹介

  1. 武田知己先生による書評・紹介(東京財団Website)

パンフレット

本書のパンフレット(PDFデータ)です。

パンフレット裏表紙画像パンフレット表紙画像

画面表示用 (PDF形式)(96dpi/830KB)と印刷用 (PDF形式)(150dpi/1.8MB)、高解像度印刷用 (PDF形式)(300dpi/9.0MB)の3種類があります。

△先頭に戻る

入手・閲覧方法

購入方法

本書(ISBN 9784284201063)は、大学生協や一般の書店、オンライン書店古書店などで購入できます。

閲覧方法

本書は、各地の図書館(大学図書館・公共図書館)で閲覧できます。

△先頭に戻る

全文データ

本書の著作権にありますが、出版権日本図書センターに設定されてゐます(2008年4月現在)。したがつて本書の全文データをこちらで公開することはできません。

ただし、本書をご購入いただいた方(図書館なども含みます)にかぎり、本書の全データを収録したCD-Rを差上げてゐます(送料などの実費はご負担下さい)。希望される方は、下記の「申込要領」をお読み下さい。

購入者対象「全文データCD」申込要領 (PDF形式)

△先頭に戻る

参考文献リスト

(現在作成中です)

△先頭に戻る

※漢字道楽2の廉価版は、3000円で購入可能です。何かと使ひ勝手のよいフォントですので、近代史研究者には、とくにお薦めしておきます。

△先頭に戻る